バレンタイン

バレンタインのお楽しみ

バレンタインはいくつになっても特別な日

バレンタインのチョコレートといえば、私が学生の時は手作りがメインでした。
手作りのチョコレートを作って男子に渡すのが、女子力っていう感じだったんですよね。
好きな相手には手作りが当たり前、スーパーで売ってるようなチョコレートはNGという空気でした。

 

それはもちろん女子側の認識で、男子が実際はどう思っていたのかは分からないんですけど、より難しいチョコレート菓子を作ってきた女の子は、毎年もてはやされてました。
自分が作った手作りのお菓子を、どれだけ自慢してもその日だけは許される、というもバレンタインの醍醐味だったかもしれません。

 

でも毎年、大変だなーと思っていたのは覚えています。
何を作ればいいのか、何人分作ればいいのか、意外と考えることが多かったんです。でも、それも今はいい思い出です。

 

社会人になった今は、どれだけ高い既製品のチョコレートを買って渡せるのか、がステータスという感じです。
デパートに入っているチョコレートの専門店を覗いたり、通販サイトで探したり、大人になってもバレンタインって実は大変だったんです。

 

お世話になっている人には本命とか義理とか関係なく、日頃の感謝として渡さなければいけない暗黙のルールもあります。
お金も自然とかかります。なので、誰がどこのチョコレートを買うのかしっかりリサーチして、平均的なお値段のチョコレートを買っています。

 

大人になった今は、ホワイトデーのお返しにも期待してしまうので、毎年バレンタインは変に気合いが入ってしまう特別な日です。

 

バレンタイン アルバイト

バレンタインは男も女も楽しい

バレンタインと言うと、
好きな男性やお世話になっている男性に女性からチョコレートをあげるというのが一般的な風習ですが
今はもうそんな時代ではないですよね。

 

女の子同士でのチョコレートの交換や、
女の人が自分用のチョコレートをいくつか購入して、
一粒ずつ大事に食べているなんて光景も珍しいものではありません。
そもそもチョコレートが好きなのって圧倒的に女性じゃないですか。
そっちのほうが理にかなっていると思うんですよね。

 

それに今は、ジェンダーレスな時代。
家庭的な男性や、たくましい女性がいてもおかしくない時代。
実際私はもらいましたよ。
男性から、チョコレート。
同じサークルの男子だったんですがその子はお菓子作りが趣味だったんですよね。
バレンタインデーにはみんなに手作りのチョコレートを配っていましたよ。
嬉しかったですね。
パティシエって男性も多いですし、チョコを男性が作ったって全く不自然ではないですものね。
だからみんなで楽しんだらいいんです。

 

告白してくれる人がいない男性だって、
好きな人がいない女の子だって、現代のバレンタインデーは楽しめます。
むしろ関係ないイベントだからと卑屈になっているともったいないです。
工夫して過ごしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ